子供も楽しめるハワイ旅行

子供とのハワイ旅行についてです。
ワイキキのホテルで、日本人の母親が、ロビーに子供を待たせて公衆電話で電話していましたのです。
子供が独りでいるのに気づいたホテル従業員が通報しました。
母親は逮捕されてしまいましたのです。
ハワイには『未成年の福利を危険にさらした罪』というのがあり、「12歳以下の子供を、13才以上の保護者なしで放置して危険な状態にさらすと、保護者は逮捕される」ことがありますからびっくりですね。
前述の母親は、まさか自分の泊まっているホテルのロビーにいて、ホテル従業員の通報で逮捕されるとは思っていなかったでしょうが、それほど子供の周囲にはいつも危険が迫っているということですけれどもびっくりですね。
子供を部屋で昼寝させてる間に買い物をと考える人もいるでしょうが、それはハワイでは許されていませんから注意ですね。
それがたとえ10分であっても。
 ビーチでも、ショッピングセンターでも12歳以下の子供だけにすることはないようにしてください。
大変なことになります。

『JCBプラザ』 に行くと、ワイキキ周辺のホテルとアラモアナセンターのオムツ交換台設置トイレのMAP が置いてありますからいいですね。
また『Family』というトイレもありますので、上手に利用してくださいね。
授乳室は、08年アラモアナセンターにオープンしたノードストロームの2階女性トイレに併設されたそうですからいいですね。

ほかに、高級ホテルやデパートのトイレにはパウダールームが併設されていて、イスがおいてあることが多いので、そうしたところを利用されるとよいでしょうからね。
なかでも、アラモアナセンターにある高級デパート、ニーマンマーカスにあるトイレは、まるでホテルのロビーですからね。
2階・マーメイドバーのすぐそば。
アラモアナセンターで一番きれいだと思いますからね。
ハワイ旅行を楽しく行くために子供についても考えなければなりませんね。
子供とハワイ旅行なんていいですね。