漫画はすごい!

子供の頃「漫画ばかり読んでたら頭が悪くなる」といわれた。
そんな、漫画は良くないものと言う、固定観念がある家で育ったから、子供の頃は漫画を堂々と読むということは出来ませんでした。
ダメ!といわれてもあんな面白いものを辞めるなんて出来ないから、買った漫画を隠して読んだり、本屋に行って立ち読みなどもしょっちゅうでした。
昔世間では漫画は下賎なもの扱いしてた傾向がありました。
そんな世間の偏見を持たれながらも漫画文化は進んできました。
いつしか、漫画を隠れて読んでた子供が大きくなり、子供が漫画を読むことを悪くない、と思う大人が増え、漫画産業もそれとともに大きくなってきました。
そのうち漫画を使って色んなものが出ました。
お菓子、文房具、おもちゃ、などにキャラを扱い、アニメになったり、今ではドラマや映画でリメイクまでしてるほどです。
日本では飽き足らず、海外でも大人気な日本の漫画の力は凄いです。
この漫画と言うアイテムは、まだまだ可能性を引き出せる日本の宝ではないでしょうか。